プロフィール


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバイル更新テスト

携帯からの更新を始めました。
スポンサーサイト

モバイルHDDに書き込みできない場合

最近流行のモバイルHDDで書き込みできないことがあります。
メーカの初期設定にもよりますが、CDFS(CDファイルシステム)に設定されていることが
考えられます。購入時はモードを確認し、使用目的にあった設定を確認しましょう。

ワイヤレスネットーワークのタグが表示されない

WindowsXPにてWirelessLANが有効にならない場合があり、その場合はプロパティに
ワイヤレスネットワークのタグが表示されません。
この原因としてサービスのWirelessZEROConfigのサービスが開始されないことがあげられます。
サービスが無効または手動になっている場合は自動に設定すればタグは表示され
設定が可能となります。

ダイナミックDNSを利用したリモートデスクトップ接続

忙しくて書き込みが出来ませんでした。
その中で収穫があったので皆様の参考になればと思い、DDNSを利用した接続構成をご紹介いたします。
リモートデスクトップ

この構成は基本構成なのでセキュリティに関してはルータとHubの間にもう一台ルータを入れてNAT変換したり、リモートデスクトップ用のポートを変更したりする必要があります。
もちろん弊社での運用においてもそのように構成しています。

外部からはWillcomの定額契約でAX530INを使って接続していますが、決して早いわけではありませんが、ある程度実用に耐えられる速さでは無いかと思います。
月額3、880円ですからコストパフォーマンスで考えれば十分だと思います。

緊急でのサポートやシステムメンテナンスには非常にメリットのある仕組みだと思います。
また、社外にいても社内と同じようにデスクワークもできますから、一人で飛び回っている
自営業の方には最適ではないでしょうか?

このシステムは特殊なソフトウェアは全く必要なく、Windows標準のツールで構成できます。
ご質問等ございましたら遠慮なくコメント、もしくはメールでお問い合わせ下さい。

DELL Dimension 4600C 基盤パーツ脱落修理

こんな修理依頼ははじめてでした。
チップセットのヒートシンクを固定するマザーボード上のパーツが脱落してPCが
「Alert! Chipset heatsink not detected. System halted!」と表示されて起動不能に!
このパーツの取り付け修理依頼を受けました。
マザーボードを取り外してパーツを元の位置に半田付けしましたが、一回目は
上手く固定できたと思ったのですが、PC起動後15分程度で半田が外れてしまい失敗。
二回目は勇気を出して強引に半田付けをして成功。
しかし、PCを起動させるとOSは起動するものの、非常に動作が遅い。
スタートボタンを押しても10分以上待たないとメニューが表示されない。
起動時にエラーも内容なのでハード的な問題はなさそうなので、回復コンソールで
チェックディスクを実行してみたところ修復された部分が見つかった。
12時間以上起動させた状態だが正常に動作しているようなので、ハードウェアの
修理は無事終了したと思われますが、OS上に問題があるようです。
いずれにしてもハードウェアの修理はこれで完了。

下記に参考にさせていただいたHPを紹介させていただきます。
外れたパーツも全く同じ場所でした。
これは欠陥と言われても仕方のない状況だと思いますね。

http://www.koemu.com/blog/2007/07/08/dell2400c-repair/


 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。