プロフィール


カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットで質問する時の心得

トラブル時やわからない事を質問する場合の心得

最近Yahooの知恵袋を見ていて非常に気になることがあります。
ネットでパソコンやソフトウェアのことを質問する場合のマナーが悪いような気がします。
文字で書く場合にめんどくさいという気持ちがあるのかどうかわかりませんが、
凄く簡素化して書き込んでいる方がいます。
例:パソコンが動かなくなったのですがどうすればよいですか?
これではまったく答えようがありません
どうすれば良いですか?と聞かれれば修理に出して下さい。もしくはどうしたいですか?
と答えるしかありません。

①OSは何か
②PCの型番やメーカ名(デスクトップ・ノートなのか?)
③何時からどのタイミングで発生したのか
④必ず発生するのか?時々なのか?
⑤どんなエラーメッセージが出るのか?


出来れば①~⑤までは書き込んでほしいものです。
わからない場合はわかる範囲で書いて下さい。

ほとんどの方が質問に対して親切に答えようと努力しています。
質問する側の礼儀として最低限度の情報は書き込みましょう。
そうすることで的確な回答を得ることが出来ますよ。
スポンサーサイト

デフラグを実行する前に!

デフラグ(最適化)を実行する前に

Windowsのマイコンピュータ⇒ドライブのアイコンを右クリック⇒プロパティ
ツールの中に最適化と言う処理があります。
これはハードディスクに保存されているデータ(ファイル)が断片化されている状態を
整理整頓させるものです。

わかりやすく説明すると
タンスの引き出しに服や下着や靴下等々が無造作に各引き出しにばらばらに
入っている状態が断片化の状態です。
それをデフラグすると服は服の引き出しに、下着は下着の引き出しに、靴下は靴下の
引き出しに整理整頓された状態にします。

ハードディスクの状態が正常な場合はデフラグを実行しても問題はありませんが
ハードディスクに障害があったり、データが破損しているような状態で
デフラグを実行すると、正常な部分までが壊されてしまいます。

デフラグを実行する前には必ずディスクのチェックをして問題が無いことを
確認して下さい。


ディスクのチェックはwindows上で出来ますが、Cドライブの場合は状況によっては完全に
処理されない場合があります。

確実にチェックをする場合は
①WindowsのCD-ROMで起動
②回復コンソールを実行
③CHKDSK ドライブ名: /r
を実行することをお勧めいたします。
チェック後データを修復しましたのメッセージが表示される場合は
エラーがありそれを修復したと言うことですから、再度コマンドを実行して
「データを修復しました」のメッセージが出ないことを確認して下さい。

ハードディスクのサイズにもよりますが、1時間から2時間程度かかります。

重要なデータを守るためには必要な処理時間ですから、デフラグの
前に必ずチェックするようにしましょう。

ハードディスクがカラカラと音がする。

ハードディスクから異常音がする
時々もしくは頻繁にハードディスクから異常音がする場合があります。
カラカラ、カタッカタッ、キーンなど通常の回転音以外の音がするようでしたら
ハードディスクに障害が発生していると考えられます。
このような場合は速やかにデータのバックアップをとることをお勧めいたします。

ハードディスクの障害の場合しばらくの間は使えることが多く、そのまま
使用していると突然使えなくなります。
使えなくなった状態では最悪の場合データを取り出すことが出来なくなります。
メーカ修理に出す場合はデータは保証されませんので、必ずバックアップを
取っておく必要があります。

ハードディスクの交換は少しの知識があれば自分で交換することは可能ですが
メーカ製で保障期間内の場合は必ずメーカに依頼しましょう。

通常ハードディスクは3~5年程度で障害が発生しやすくなります。
もちろん使用頻度により差はあります。
ある意味消耗品と考えて下さい。そのためバックアップと言う作業が
非常に重要となります。

自分でハードディスクを交換する場合はハードディスクからハードディスクへ
コピーするツールが市販されています。
TrueIamge(http://www.sourcenext.com/products/trueimage_p/)
などがありますので利用されるのが良いと思います。

ハードディスクをUSBで接続するためのケーブルも市販されていますので
一本持っているとハードディスクのメンテナンスに役立ちます。

ブルースクリーンになった時

ブルースクリーンになった時
背景青色で白字で訳のわからない英語が書かれている画面のことです。
Windowsで突然表示されることがあります。
起動している途中
ソフトウェアで作業をしている時
シャットダウン時
電源を入れたままで何もしていない時等々です。

このような場合よくYahooの知恵袋等で「ブルースクリーン」になって
そのまま再起動したらWindowsが立ち上がらなくなりました。
どうすれば良いですか?」と言う書き込みがありますが、これでは
対応しようがありません。

ブルースクリーンが表示された場合、必ずSTOP:と書かれた行が
ありますのでSTOPに続いて書かれている数字とアルファベットを
控えておいて下さい。
例:STOP:0x000000A1(..............)括弧の中は必要ありませんから0x000000A1の部分を書きとめて下さい。
メーカ修理に出す場合やネットで質問する場合なども非常に
役に立ちますので是非活用してみて下さい。

また、ネット上で「ブルースクリーン 0x000000A1」で検索すれば
原因を調べることが出来ますので参考にして見て下さい。

ブルースクリーンになった場合の対応

パソコンを使用している時や起動時にブルースクリーンになった場合は
まず画面中ほどに表示されているSTOP:に続いて書かれているコードを
必ず控えておいて下さい。このコードがわかれば原因とかなりの
確立で特定できます。
ブルースクリーンは英文で色々書かれていますが、基本的にSTOPの後の
コードが非常に重要です。
STOP:0xXXXXXXXX(Xは実際のコード)で検索すれば原因は
特定できます。修理に出される場合でもこのコードを添付しておけば
役に立つと思います。

民営化になってからの郵便局のサービス

民営化になってからの郵便局のサービスって良くなったのでしょうか?
先日自宅に帰ったら不在票が入っており、直接窓口に取りにいく場合は
連絡をしてからと記載があったので連絡をしました。
どうしても急ぎの書類で時間的に一時間くらいの余裕しかなく
窓口の方が早いと思ったからです。
そうしたら、「窓口の場合は電話連絡の翌日でお願いします」との
回答でした。再配達の場合は当日可能ということです。
これって何かおかしいですよね。
一般的な基準では窓口の方が直ぐに受け取れるはずではないでしょうか?

どうも配達と窓口業務が別会社になったことが原因みたいです。
配達の場合受付センターから配達業務会社に電話をすれば
そのまま当日配送なのですが、窓口の場合は配達業務会社から
窓口業務会社へ転送することになり、別会社間なので時間が
かかるということです。
しかし、現状では配達業務会と窓口業務会社は簡単な
パーティションで区切られているだけで郵便物の受け渡しは
直ぐにできるのです。結果的に私の場合も数分後には
窓口で受け取ることができました。

結果オーライと言う事ですが、もっと合理的に物事を判断し、
対応できないのでしょうか?民営化の本当の目的をもっと
業務に生かしてほしいものです。

先日のNECLavieの修理の結果

詳細はまだ確認していませんが、結果的にNEC側で修理費用は負担することで
突然修理した状態で戻ってきました。
取次店の手数料等で10,000円程度で修理できました。
まぁ結果的に安い費用で済んだので良かったのですが、この場合基本的に
NEC側の不良ということだと思うのですが、取次店等の手数料は
ユーザ負担となり、何か釈然としません。
ハードウェアもソフトウェアもユーザが弱者で開発もとの言いなりになっているような
仕組みに納得がいかないですね。

建築物などは製造責任等が問われ賠償問題や補償問題になるこのご時世で
ITの業界だけはちょっと違うような感じです。

まぁ予定より安くなったことで納得するしかなさそうです。

原因はマザーボード不具合と言うことですが、修理を出す前にPC本体を振ると
カラカラと音がしていたので、マザーボード上のパーツが外れていたのでは
無いかと推測しています。
発火や発煙などもあるようで、NECとしては少しでもそのような可能性が
ある場合は無条件で交換するのではないかと思います。

社会の裏技

最近色々な方とお話したり、ネットで情報を集めたりしていると世の中にはさまざまな裏技が存在していますね。
通常通販で購入するPCなども購入先によっては安く手に入れることができます。
非合法的な裏技はいくらでもありますが、合法的で社会通念上問題の無い裏技も
数多くありますね。

本当に良い情報を入手できれば金儲けはいくらでもできそうな気がします。
情報化社会の凄さを改めて感じた日でした。

コミュファ光の取次店

中部テレコミュニケーション株式会社と取次店契約をしました。
地方ではまだまだ光にしたくても提供されていない地域も多いようです。
実際に私もADSLを使用していますが、局からの距離が遠く
2M前後の接続なので、光にしたいと思っていますが、やはり
どこも提供外エリアとなっています。コミュファ光でも我が家は
サポート外ですが、川の反対側の地域ではコミュファ光のみ
サポートしています。NTT等でサポート外となってあきらめている方も
一度コミュファ光で確認すれば、もしかしたら光接続できるかも
知れませんよ。その時は是非System-Kに!
導入後のサポートはSystem-Kが責任を持ってサポートいたします。

HDDトラブル

デスクトップPCのHDD障害
2,3日前からカタカタと音が出ていたようなのですが、本日画面が正常に表示しなくなったり、スキャンディスクが35%のところでとまったり等の現象が発生していたので
HDDを交換を交換。

HDDに関しては少しでも異常音がしたり、エラーが発生した場合は早めの処置をすることで
かなりの確立でデータは救えます。
忙しいからと言ってだましだまし使い続けるのは絶対に避けた方が賢明です。

Lavie 900/6 障害⇒メーカ送り

Lavie 900/6 障害ですが、電源基盤を交換しましたがやはり起動しませんでした。
マザーボードが完全にダメになったようです。
結局メーカ修理と言う事になり現在見積もり待ちです。
予想では多分7~8万くらいだと思っています。
見積もりだけでキャンセルすると3,150円かかりますが仕方ないですね。

結果はまた追ってお知らせいたします。

NEC LL900/6 突然ダウンその後

年末ダウンしたNEC LL900/6 のその後ですが、結局持ち主は東芝のノートPCを購入したそうです。でも安価で修理できるなら修理したいとのことですので昨日再度預かることにしました。基本的にマザーボードの障害だと思いますが、電源SW部分が別基盤になっていましたのでもしかするとその基盤の不良かもしれません。
幸いにYahooオークションでその基盤部分が出展されていましたのですかさず落札し、
試してみたいと思います。

新年の挨拶まわり

流石に今日はサポート依頼は有りませんでした。
午前中に3件の新年の挨拶周りを済ませ、午後は
常駐サポートを委託されている企業に出勤⇒今年から毎日出勤
来週あたりから仕事が入ってきそうな気配...希望的観測

皆さんも本日より本格的に2008年が始動したと思いますが
今年も頑張りましょう!!!

2008年度本日より始動!

本日より2008年度の業務を開始します。
まだまだ休みのところが多いので年始の挨拶回りも出来ませんが
とりあえず本日より業務開始いたします。
本年も宜しくお願い致します。

2008年元旦 初日の出

今年の元旦は天候に恵まれすばらしい日の出が見れました。
2008SunRise001.jpg

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い申し上げます

サポート日記を書き始めてまだ日が浅いので皆様のお役に立てる情報は、まだまだ少ないですが、2008年も日々の実績として書き綴っていくつもりですので宜しくお願い致します

System-K 代表 内山 義章
平成二十年 元旦

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。