プロフィール


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DELL Dimension 4600C 基盤パーツ脱落修理

こんな修理依頼ははじめてでした。
チップセットのヒートシンクを固定するマザーボード上のパーツが脱落してPCが
「Alert! Chipset heatsink not detected. System halted!」と表示されて起動不能に!
このパーツの取り付け修理依頼を受けました。
マザーボードを取り外してパーツを元の位置に半田付けしましたが、一回目は
上手く固定できたと思ったのですが、PC起動後15分程度で半田が外れてしまい失敗。
二回目は勇気を出して強引に半田付けをして成功。
しかし、PCを起動させるとOSは起動するものの、非常に動作が遅い。
スタートボタンを押しても10分以上待たないとメニューが表示されない。
起動時にエラーも内容なのでハード的な問題はなさそうなので、回復コンソールで
チェックディスクを実行してみたところ修復された部分が見つかった。
12時間以上起動させた状態だが正常に動作しているようなので、ハードウェアの
修理は無事終了したと思われますが、OS上に問題があるようです。
いずれにしてもハードウェアの修理はこれで完了。

下記に参考にさせていただいたHPを紹介させていただきます。
外れたパーツも全く同じ場所でした。
これは欠陥と言われても仕方のない状況だと思いますね。

http://www.koemu.com/blog/2007/07/08/dell2400c-repair/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://dokuritu2005.blog32.fc2.com/tb.php/175-fcf52484

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。